日本人のペニスの平均サイズと短小の原因

短小で悩んでいる男性は非常に多いです。

 

そこで、そもそも日本人お平均のサイズはどれくらいなのでしょうか。
また、短小になってしまう原因についても調べてみました。

 

短小対策をする前に、短小に関する基礎知識を把握しておくことも重要です。

 

 

■日本人のペニスのサイズの平均はどれくらいなのか?

 

・勃起時の平均サイズ(日本人)・・・12センチから13センチ程度
・勃起時の平均サイズ(欧米人)・・・16センチから17センチ程度

 

日本人のペニスは、遺伝的なもので欧米人よりも比較的小さめです。

 

身長に置き換えて考えてみるのも良いかもしれません。
日本人男性の平均身長は170センチ程度です。

 

一方で、オランダの男性の平均身長は183センチもあります。
身長で10センチ以上の差があるので、
ペニスにも一定の差があることは十分に考えられることでもあります。

 

・12センチあれば日本人の平均の範囲内である

 

日本人は、15センチや16センチのペニスに憧れる傾向が強いです。
しかし、平均を見れば12センチや13センチでもおかしくないことが分かりますよね。

 

12センチ程度しかないので、短小だと思い悩んでいる方は自信を持ってください。
平均のサイズを知ることで、無駄なコンプレックスを除去することも出来るのです。

 

ただ、ペニスイサイズが勃起時でも10センチ未満の方も多くいます。
どんな理由があって小さくなってしまうのでしょうか。

 

 

■ペニスが短小化してしまう原因とは?

 

・包皮による圧迫を受けてしまう

 

中国には伝統的なものとして「纏足」と呼ばれる習慣がありました。
女性の足は小さいほど良い、といった文化があったのです。

 

子供の時からわざと小さい靴を履かせて、足を小さくさせていました。

 

実はペニスでも同じような状況が生まれてしまいます。
包皮に亀頭がずっと包まれている状態になると、圧迫をされて亀頭が成長しなくなってしまうのです。

 

包茎が短小を生むのです。

 

・肥満による短小

 

下腹部の肉が盛り上がってくることによりペニスの根本が埋没してしまうケースが有ります。
痩せれば解決しますが、これもまた、ペニスが短小化する原因になります。

 

太っている人のペニスは小さい、といった印象が強いわけですが、
それには脂肪による見た目的な原因が隠れていたのです。

トップへ戻る