ペニス増大サプリに含まれる成分|アルギニンとは

L-シトルリンに続いで、
ペニス増大サプリに含まれるケースが多い成分といえるのが「アルギニン」です。

 

こちらでは、そのアルギニンとはどんな成分なのか、
更にどんな効果が期待できるのか、といったことについて詳しく解説します。

 

■アルギニンってどんな成分なの?

 

・アミノ酸の一種である

 

アルギニンは非必須アミノ酸といわれています。
体内でも生成されるアミノ酸ではあるのですが、体外から摂取するのも有効です。

 

そもそもアルギニンは、年齢とともに体内での生成量が減ってしまいます。
ですから、積極的に体外から取り込まなければなりません。

 

食事からも摂取できるのですが、少量では意味がありません。
1日あたり2,000ミリグラムから6,000ミリグラムもの摂取が必要とされているのです。
現代人はかなり不足気味です。

 

ペニス増大サプリで摂取する価値は十二分にありますよ。

 

 

■アルギニンに期待できる効果を教えて!

 

・血管を拡張し、勃起力をアップする

 

アルギニンには、一酸化窒素の生成をする力があります。
一酸化窒の主な作用として、血管の拡張作用があります。
簡単に言ってしまえば、血行が良くなって血圧が下降するのです。

 

実は、勃起には一酸化窒素の役割が非常に大きいです。
ペニスに大量の血液が入り込まなければ勃起はできません。
アルギニンによって一酸化窒素が生成されることでスムーズな勃起状態がゲットできるわけです。

 

さらに血行が良くなることにより、ペニスの成長も期待できます。
ペニスの細胞に栄養素が送られやすくなるからです。

 

・成長ホルモンの分泌作用あり

 

近年では、アルギニンが身長サプリメントに含まれる例が極めて多くなりました。

 

昔はカルシウムが良いとされてきましたが、
カルシウムは骨を丈夫にする作用は期待できるものの、
骨を成長させる機能がないことがわかってきたのです。

 

一方で、アルギニンには骨を成長させる効果があることがわかってきました。
なにより、全身の成長に関わる成長ホルモンを活性化する作用も認められているのです。

 

 

ペニスの成長も成長ホルモンが関わっているとされており、
特に20歳前後の若い方に積極的に摂取してほしい成分です。

 

・精子にも良い効果あり

 

精子量の増加も期待できます。
さらに、精子の活性化(運動性のアップ)も期待できるのです。

 

不妊で悩んでいる男性にも期待されている成分です。

 

そもそも、精子を放出するために勃起するわけです。
大量に、しかも元気な精子が製造されるようになれば、
たくましく勃起するようになります。

 

アルギニンと精子のかかわり合いにも注目すべきです。

トップへ戻る