ペニスは何歳まで成長するのか?

ペニスは何歳まで成長するのか?

ペニスの成長期間とは

ペニスが短小で悩んでいたとしても、まだ成長するかもしれません。ペニス増大系の手術もありますが、まだ成長するのに手術で解決しては勿体無いもの。

 

こちらではペニスが何歳くらいまで成長するのかを詳しくお話します。15歳くらいまででしょうか。それとも20歳くらいまで成長するのでしょうか。

 

 

■20歳前後まではペニスが成長する可能性あり

 

・身長よりも長く成長するペニス

 

高校生くらいで身長の伸びは止まってしまうケースが多いです。男性ホルモンが活発化することで、身長を伸ばす役割が終りを迎えてしまうのです。男性にかぎらず、女性も性ホルモン(女性ホルモン)が活発化すると身長がストップします。

 

一方で、ペニスは男性ホルモン(テストステロン)が活発化すると成長するシステムを持っています。ですから、ちょうど身長がストップする頃になると、活発に成長しだすのです。高校生くらいから急激に大きくなるケースもありますよ。

 

多くの男性は、20歳前後までペニスは大きくなります。22歳や24歳程度まで成長した例もあるので、20歳前後で短小で悩んでいる方は、自然その悩みが解決する可能性がまだあります。

 

では、男性ホルモンのテストステロンは、ペニスに実際にどんな役割を果たしているのでしょうか。

 

 

■男性ホルモンがペニスに与える影響

 

・陰茎を太くする
・陰茎を長くする

 

いわゆる、全体的なペニスへの影響力を持っています。

 

また、ペニスを使うといった性欲に関するものにも関わっているのです。性欲が増したり、生理量が増えたり、といったことにも関わります。

 

・テストステロンのピークはいつ頃なの?

 

20歳前後になります。ペニスが成長し続けている時期と重なっているのです。

 

20歳を超えてくると徐々にテストステロンは減少します。いかに20歳前後までにペニスを成長させるかが重要なのです。ちなみにペニスをスムーズに成長させるためには、包茎を解消させることが肝心です。向き癖をつけるといった方法もおすすめですし、包茎手術を受けておくことも考えましょう。

 

特にカントン包茎や真性包茎は、ずっと亀頭が包皮につつまれ続けるのでペニスの成長を阻害します。手術を受けておくべきです。

トップへ戻る